9・9横須賀集会 2500名参加

 レポート

reports

 9月9日、在日米海軍司令部、米第7艦隊司令部のある神奈川県横須賀市で「さよなら原発!オスプレイ配備反対・沖縄連帯!ジョージワシントンは横須賀から出て行け!原子力空母の横須賀配備反対9・9集会」を開催しました。

 集会場となったヴェルニー公園から海上自衛隊のイージス艦が目の前に見えました。中央団体と首都圏各県でつくる実行委員会の主催。集会は水谷正人・神奈川労連議長の開会挨拶に続いて、全労連の小田川義和事務局長が主催者挨拶を行い、井上哲士参議院議員が情勢報告を行い、沖縄の仲山忠克弁護士が「いま沖縄でオスプレイ配備反対県民大会が同時に開催されている。オール沖縄でオスプレイの配備、米軍基地の押しつけに反対している。神奈川と沖縄で闘いを切りひらくため頑張ろう」との熱い連帯挨拶があり、地元横須賀や神奈川、東京、千葉の代表が発言しました。

さよなら原発!オスプレイ配備反対・沖縄連帯!集会 2500人の参加者で、集会の最後に「原子力空母いらない」「オスプレイ配備反対・沖縄連帯」のコールを行いました【写真】。集会後、在日米海軍横須賀基地正門前で抗議のシュプレヒコールを行いながらデモ行進しました。


« »