仲間が増えたよ!113名

 レポート

 4月第1週から2週にかけて行なわれた各所属での新規採用者研修の昼休みを利用して実施した組合説明会。

 分会役員が中心となって組合加入を呼びかけ、113名が県病院労組に加入しました。組合員相互の助け合いから生まれた『県職労連福利厚生制度』も宣伝、さっそく新規申し込みもありました。

 4月10日の機構本部研修美に合わせて県職労連新採歓迎会を計画、48名が参加をしました。制度や手当等、今では“当たり前”となっている事も、何もしないで得られたのではないのです。労働組合が、仲間と一緒に運動して勝ち取ってきたのです。

nakama113

 もちろん、まだまだ課題は山積しています。粘り強い運動が要求実現につながります。労働組合は数が力です。身近な先輩が、職場で「組合に入ろうよ!」と声をかけ、仲間を増やしていきましょう。


« »