県職労本庁支部、数年ぶりに組合説明会開催

 ニュース

ニュース

本庁支部は、新採職員110人全員に歓迎グッズを渡し切った勢いで、新採組合説明会を開催しました。

研修や出張で参加できない新採が多い中、3人が参加しました。3人は、組合紹介DVDを見た後、恩田支部長と水戸川支部書記長の説明を熱心に聞いてました。労働組合があることを知らなかったが、よく分かった、との感想や、勉強会って、どんなことをするのですか?という質問があり、水戸川支部書記長が丁寧に回答しました。

残念ながら、その場での加入には至りませんでしたが、新採職員が労働組合に前向きな態度を示したことに参加役員は元気づけられ、来週の保険説明会で加入してもらおう、と意気を高めました。

病院、保険説明会で加入続く 4名加入

12日に行われた循呼センター保険説明会後、理学療法士1名の組合加入に続いて2名が加入。理学療法士は全員加入となりました。

また、看護師さんが追加で2名加入しています。14日の足柄上病院保険説明会は出席者16名全員が組合加入者。1人が自治労連セット共済に加入しました。同じ14日にがんセンターでも保険説明会を実施。その場での共済加入はありませんでしたが、3名の方が検討したいとのことでした。

春の拡大月間推進ニュース No.8


« »