拡大推進ニュース13号

 ニュース

ニュース

総合療育相談センター新採1名加入
平塚保健福祉事務所新採1名加入

湘南支部は、「新採3人以上配属となった職場で組合説明会開催を」との本部の呼びかけに応え、5月8日(月)の昼休み、平塚保健福祉事務所で組合・保険説明会を開催しました。

新規採用職員の参加は、業務の都合等で参加できない新採が多く1人のみでしたが、分会長と連絡員が4人参加しました。分会長さんは、3年前の新採さんなので、フレッシュな雰囲気で説明会ができました。

DVD、パワーポイントによる説明が終わった後、「ここで加入書を書いてください」と呼びかけ、新採職員の横にいって対話したところ、民間会社から転職してきた方で、前の会社にも労働組合があったがユニオンショップ制だったと話してくれました。県職労はユニオンショップ制ではなく、きちんと物申している、一緒にお給料や職場環境を良くして行きましょう、と加入を促すと「加入します」と嬉しい声が。さっそく加入書を書いてもらい、セット共済の加入書も書いてもらいました。保険は、既に民間保険に加入しているとのことなので、民間保険も団体扱いで給与天引きになり、保険料も少し割安になることを説明し、セット共済は「ちょい足し」の42型に入ってもらいました。

民間会社で労働組合に加入していた方なので、新卒の新採職員よりは加入しやすかったと思いますが、やはり「ここで加入書を書いてください」という一言が良かったのかな、と思いました。

4月28日には中央児童相談所と総合療育相談センターで保険説明会が開かれました。中央児相からは4人の参加、総合療育からは新採さんは参加はありませんでしたが、分会長さんに新採加入をお願いしたところ、さっそく声をかけていただき加入となりました。新採さん2人目の加入です。

身近な先輩からの声かけが大事です。

春の拡大月間推進ニュース No.13


« »